AD

2016/03/25

公示地価

こんにちは横浦です。
先日公示地価が発表されました。
「公示地価」は国土交通省が発表する不動産価格の指標で、定められたヶ所の1月1日時点での土地価格を調査したものです。
その他にも「路線価」は国税庁が発表する相続税と贈与税の指標で、道路に面する土地の評価額を調査したもの、市町村が発表する「固定資産税路線価」などがあります。
公示地価は市場価格に最も近く参考になるものですが、実際には様々な用件で土地の価格はそれぞれ異なってきます。
今回総社市の公示地価は、一部若干上昇したところもありますが、大半は若干の下落です。市場の状況を考えると中心部はほぼ横ばい、離れると価格にかかわらず厳しい状況ではないでしょうか。
新聞では上昇傾向が伝えられてますが、地方は今後も厳しいようですね。
総社市中心部は最近分譲地が多く出てきており、マイナス金利の影響もあって住宅ローン金利も下がっているので、自宅新築をお考えの方には今年もチャンスかもしれません。
ただだからといって飛びつくのではなく、家族の将来の事や家計の事もしっかりと考えて計画的にすすめてくださいね。
ということで弊社ホームページの売買物件情報も併せてごらんください。
では。