AD

2016/06/06

6月

こんにちは横浦です。
中国地方も梅雨入りしましたね。
この時期、賃貸仲介は閑散期と言われています。
春のお引っ越しシーズンもひと段落。夏休み前のひと息といったところでしょうか。
売買仲介もちょっと落ち着いてる感じです。
住宅ローンは引き続き低金利で推移していますし、消費増税が先送りされたこともあって考える時間ができたのが要因じゃないかと思います。
分譲地や建売住宅はいろいろあるのでお気軽にご相談ください。

で先日某金融機関で試算してもらったのですが、1980万円の借り入れだと月々の返済額が約5.6万円になります。
これは要件によって異なるのですが、フラット35S(金利Bプラン)、元利均等方式、5年固定0.8%、などの要件で計算しています。本人の年収や勤続期間、借入の金融機関、返済期間、金利などによって変わってきますので詳細はご相談ください。ご予約いただけるとスムースです(いないこともあるので)。
でも家を持つとそれ以外のコストも注意しなければいけません。
固定資産税はかかってきますし、電気容量も違います。メンテナンスは自己責任ですし火災保険も必要です。
よく言われる「家賃並みの返済で」は借入額での計算なので、今かかっている光熱費なども含めて考えておきましょう。
6月になると、業界の総会やセミナーなどが次々と開催されます。
みなさん考えることは同じのようで、同日に重なっていて「どっちに行こう?」というケースも多いんですよ(苦笑)。
そんなこんなで閑散期といえどけっこうバタバタしてたりします。
ということで体脂肪に気を付けつつがんばります。
では。