AD

2016/09/29

賃貸借契約の個人間取引について 貸主編

こんにちは横浦です。
CtoCサービスの続きです。

今回は貸主側から見てみます。

個人間取引は基本的に自己責任です。
CtoCサービスは紹介だけです。

申し込みがあった場合、その方がどんな人なのかわかりますか?
もちろん名前や住所、勤務先などの情報があると思います。しかしその人の話し方や態度、雰囲気などはわかりません。
不動産屋は接客の中でどんな人なのかチェックしています。そして大家さんに申し込みが入った連絡をする前に社内審査をしているところもあります。そういった情報が最初にあると、入居中や退去時の対応がしやすくなるケースも多々あります。

契約内容もしっかり説明しますので、後々トラブルになるリスクは少なくなりますし、何かあれば気軽に相談できるのも不動産屋の強みです。
大家さんの中には、不動産に関する法律や最近の賃貸事情などに疎い方もいらっしゃいます。入居中のトラブル、賃料滞納の対応の仕方や原状回復など、時代とともに変化しているので情報を得てないとあっという間に時代遅れになります。

不動産屋は使いようです。
「仲介手数料を惜しんで、家賃滞納で強制退去に時間も費用も掛かった上に損害賠償請求されてリフォームにも膨大な費用が掛かった」なんてならないためには、不動産屋を利用するのが正解だと思います。

他にもあると思いますがひとまずはここまで。
では。
にほんブログ村 経営ブログ 二代目社長へ << Click.