AD

2017/04/17

火災報知器の交換時期

こんにちは横浦です。
繁忙期も終わりのんびりと・・・はいきません。
平成18年に一般家庭への火災報知器の設置が義務化されました。この総社市では平成23年6月1日までに設置するよう条例で定められています。
設置義務があるのは煙探知式のもので場所は「寝室」と「階段」。賃貸アパートの場合は寝室に使用されるであろう居室と、室内階段があればその階段に設置することになります。

当社では10年保証の火災報知器を採用し、管理物件の全てに設置が完了しています。
設置から10年を超え、電池が消耗し交換時期のアラームが鳴って連絡が入ることが最近増えてきました。さすがです、ちゃんと10年持ちましたね。
今はその交換にあちこち行ってます。
交換に行くと、お住まいの方の生活の様子が垣間見えます。
あーこんなお部屋の使い方があるんだ、とかへーここにこれ置いてるんだ、とか勉強になります。
中にはあー・・・な方もいらっしゃいますが(^^;;
物は次々増えていきますが空間は変わりません。
いかに効率よく収納するか、もしくは取捨選択するか。悩みどころです。

みなさんのお部屋にある火災報知器、そろそろ交換時期じゃないですか?
電池切れではなく鳴った場合は即座に逃げてくださいね。
にほんブログ村 経営ブログ 二代目社長へにほんブログ村 企業ブログ 不動産業へ << よかったら Click を
今日はそんなこともやってるよ、といった報告でした。
では。