AD

2017/09/05

現代ビジネスの不動産投資(アパート)に関する記事について

Yahoo!ニュースにもなっていましたが、「現代ビジネス」の記事「絶対儲かるといわれたアパートローン私はこうして破産した」について。
コラム記事はこちら >>
まず、人が減っていって空き家も増えている中、アパートが増えていくのはどう考えてもおかしいです。世帯数は減少してるのに戸数は増えてるんですよ。
今現在、築20年くらいのアパートがこれだけ苦戦しているのを見て、なぜ今建てているアパートが20年後も大丈夫と言えるんでしょうか。
特に自社で建てて自社の管理会社で管理させている会社は、新築ですら完成しても満室にならない、ましてや築古のアパートなんて広告費や賃料減額などあらゆる手段を尽くしても決まらない、なんて現状を知ってるはずです。

とはいえ、建てるのを止めると会社自体が成り立たない。建てて利益を上げて継続していかなきゃいけない。
「いや、アパートは多いから建てないほうがいいですよ」なんて言いません。建てさせるのは当然なんです。
銀行もお金を動かさなきゃいけない。貯めてるだけだと儲からない。アパートなんて土地建物を担保にできるので、よほどのことがない限り貸してくれます。
そんなアパートを建てることで利益が出る会社が営業するんですから、当然建てることに全力投球です。
アパートへの入居を斡旋するのは不動産仲介業です。
入居したい人と接する、いわばエンド側に近いところにいるのが不動産屋なんですね。それに、築古から新築までアパートの情報はあふれるくらい持っています。
ですので地主の方、建てようかどうしようか考えるなら、建築会社や金融機関に話を聞きに行くんじゃなく、地元の不動産屋に聞きましょう
中には利害関係があっていいことしか言わないところもありますが、だいたいの不動産屋は街の様子や人の流れやトレンドをふまえ、どうしたらいいか教えてくれるはずです。
にほんブログ村 経営ブログ 二代目社長へにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 総社情報へ << よかったら Click を
お待ちしてます地主さん。
建てるなとはいいませんが、言いたいことはたくさんあるのでぜひ長話にお付き合いください(笑)
では。