AD

2017/10/01

別視点から考える賃貸借契約

こんにちは横浦です。
日中も過ごしやすくなりました。

賃貸住宅の契約は大きく分けて「普通賃貸借契約」と「定期借家契約」の2種類があります。一般的に交わされるのは「普通賃貸借契約」ですね。
簡単に言うと「普通賃貸借契約」は解約するまで住める契約、「定期借家契約」は期間が決まっていて期限が来ると契約終了。
解約するまで住み続けられる、という点で入居者にとっては普通賃貸借契約は安心感がありますね。

大家さんからすると、普通賃貸借契約は長く住んでもらえるのはいいけど、正当な事由がないと合意解約以外解約できないのが弱いところ。
実はそれで問題になってることもあるんですね。
で、これは入居者にとっても弱点である場合があります。
気に入って住んでるアパートだけど、問題がある入居者がいて自分も被害を被っている場合、それが正当事由に該当しない限り相手は住み続けられるので、悩まされた挙句自分が出ていかざるを得ない、といった状況もあり得ます。
それは大家さんも望んではいません。


定期借家契約は再契約も可能なケースがあります。その場合は入居中に再契約するので、書面上は新しくなりますが実際には住み続けてるのと同じ状況です。

単に契約の種類だけじゃなく、その裏を読んでみるとまた違ったメリットデメリットが見えてくるんですね。
奥が深いです、何事も。
にほんブログ村 経営ブログ 二代目社長へにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 総社情報へ << よかったら Click を
と、当社管理物件は再契約型の定期借家契約してます、といった宣伝でした。
では。